2017'南仏蚤の市1

d0367441_00014932.jpg



南仏に到着した次の日から蚤の市へ。2017’蚤の市巡りのスタートです!!
前日のお天気がウソのように、蚤の市初日はお天気。幸先の良い始まりです。
朝は早めに起きて、街を散策しながらカフェへ。朝ごはんもしっかり食べます。
蚤の市前の腹ごしらえは重要なのです。



d0367441_00020095.jpg


ここはアヴィニヨンからバスで10分ほどの場所にあるヴィルヌーブレザヴィニヨンの街です。
毎週土曜日に蚤の市が開催されていて、駐車場いっぱいに出店されます。
青い空とプラタナスの並木が南仏らしい場所です。


d0367441_00015551.jpg



一巡目は、好きなお店をチェックしながら巡ります。気になるお店はもちろん寄ります。
朝は人も少なめですし、陽射しも強くないので、この時間がチャンスなのです。

ざ~っと巡っていると、ある方にバッタリと会いました!!
というのも、ここで待ち合わせをしていたのです。それは~いつもGWのイベントで
お世話になっているアンティークニュアンスさんです。オランダからヴァカンスで
南仏にいらしておりました。久々の再会です!!



d0367441_00021034.jpg



かれこれ7~8年くらいお付き合いをさせて頂いていますが、一度しかお目にかかったことがないので、
お会いできるかしら??と少し不安でもありましたが、すぐにわかりました!!
蚤の市で再会なんて、なんだか不思議でしたが。。。青空の下、良い再会となりました~。

こちらのキルトは二人で物色。ニュアンスさんも気に入っておりましたが、荷物になるかしら。。と
しばらく考えて断念。でも素敵なキルトでしたよ~~。私も持って帰りたかった。。


d0367441_00021783.jpg



こちらのブースは陶器類がたくさん並んでいました。きれいに並べられているように、
商品も状態がよく、優しいご夫婦が丁寧に扱っているお店でした。
ここではお皿を何枚か頂いてきました。ゆっくりじっくり選んできましたよ~。



d0367441_00022282.jpg

その中のお皿の一枚がこちら。ジャポニズムの影響を受けていると思われる桜のお皿。
真ん中の模様も帯にも見えますね!そして、こちらのお皿。帰ってきてから気が付いたのですが、
いつも使っているティーカップと同じ種類だったのです!!なんだか嬉しかったです。。

南仏の蚤の市話はまだまだ続きま~す。


[PR]
by douzebocaux | 2017-11-10 23:44 | 蚤の市 | Comments(0)

横浜馬車道のアンティークショップ「12個瓶」店主がお届けするお店のこと。フランスのこと。


by douzebocaux